賞味期限どれくらいまで大丈夫? 牛乳 飲むヨーグルト 豆乳編

スポンサードリンク

一人暮らしでもファミリー世帯でも、冷蔵庫の中には牛乳、飲むヨーグルト、豆乳のパックがどれか一つはあるんじゃないですか?
もしかしたら三つとも入っている家庭もあるかもしれないですね。
健康維持のため、料理のために必要な牛乳・飲むヨーグルト・豆乳のパック飲料には、きちんと賞味期限が書かれているはずです。
飲み物に限らず食品に記載されている賞味期限は、開封前の状態で保存した場合の賞味期限が大前提なんだそうですよ。
物によっては開封しちゃうと賞味期限が変わってきちゃうってことなんですね。

私はあまり賞味期限を気にしない方なので、自分が消費する分には多少賞味期限が切れてても構わないんですが、家族にお腹を壊される困っちゃいます。
家族のために賞味期限について調べてみたので、紹介しますね。

スポンサードリンク
  

牛乳の賞味期限が過ぎると飲まないほうがいい?

牛乳の賞味期限が切れていても、変なにおいや色がおかしいということがなければ普通に飲んでました。

我が家の場合、息子が牛乳好きなので常に牛乳パックが2つ冷蔵庫に入っている状態です。
殆どの場合すぐに消費するんですが、息子の体調が悪いときにはあまり牛乳を飲まなくなります。
そんな場合、開封後数日経った牛乳を息子に飲ませることに抵抗があるので、賞味期限ぎりぎりになると私が飲んでますが、私もお腹を壊すと誰も私の看病をしてくれないので、牛乳の開封後の取り扱いについて調べてみました。

【牛乳 市販品の表示】
・賞味期限 約10日
・保存温度 10℃以下
・開封後に飲める期間 賞味期限まで
・開封後の保存温度 10℃以下

やっぱりね、という感じですね。
牛乳はパッケージの賞味期限に沿って消費していたら問題ないようです。
賞味期限内の牛乳であれば、冷蔵庫で普通に保存していれば病み上がりの息子にもミルクを飲ませて大丈夫そうですね。
ムリして牛乳をがぶ飲みしなくていいので助かります!

でも私的にここで疑問点が・・・

普通の牛乳でも、ちょっとお高い低温殺菌牛乳というものがありますよね。
我が家では牛乳の消費量が激しいため低温殺菌牛乳は購入しませんけど、低温殺菌牛乳の場合、賞味期限ではなく消費期限と書かれているものも存在します。

普通の牛乳と低温殺菌牛乳の違いは、牛乳の殺菌方法の違いです。
普通の牛乳は130℃で殺菌をするそうなんですが、低温殺菌牛乳は60℃から70℃の温度で殺菌しています。
殺菌時間は130℃の高温で殺菌すると数秒で牛乳を殺菌します。
60℃~70℃の低温の場合、牛乳を30分ほど過熱し殺菌しているそうです。

低温殺菌牛乳の場合、消費期限って書かれいますから普通の牛乳と取り扱いは違うはず。
美味しい高級な低温殺菌牛乳を頂くことがあるかもしれません。
その時に備えて、低温殺菌牛乳の賞味期限も調べてみました。

ちなみに・・・
賞味期限は、おいしく食べられる期限なので、賞味期限を過ぎてもすぐ食べれなくなるという訳ではありません
消費期限は、期限を過ぎたら食べないほうがいい食べ物です。

【低温殺菌牛乳 市販品の表示】
・消費期限 約5日
・保存温度 10℃以下
・開封後に飲める期間 できるだけ早く
・開封後の保存温度 10℃以下

低温殺菌牛乳の開封後の飲める期間についていろいろ調べてみましたが、開封後の保存状態や雑菌の侵入の可能性が心配されるため、○日という具体的な数字を探し当てることはできませんでした。
低温保持殺菌だと、

非耐熱性菌は大方死滅するものの、一部は残存するので、一般的な超高温殺菌牛乳よりも、消費期限は短い(5日前後程度)。

ウィキペディア

とありますので、普通の牛乳より低温殺菌牛乳はデリケートなんですね。
なんとなくですが、できるだけ開封した翌日には飲みきったほうがよさそうです。

消費期限日に低温殺菌牛乳を開封したら、その日で飲みきったほうがいいそうですよ。

牛乳・低温殺菌牛乳と続くと、冷蔵されないで常温で販売されている牛乳の賞味期限はどうなんだい?と気になりませんか?
私は気になりましたので、調べてみました。

常温で販売されている牛乳はロングライフミルク・LL牛乳と呼ばれ、未開封なら保存期間は約二か月。
ロングライフミルクが常温で保存できる理由は殺菌過程と容器に秘密がありました。

ロングライフミルクは殺菌方法が135℃~150℃で1~4秒ほど。
低温殺菌牛乳・牛乳と比べて高い温度で殺菌しています。
パッケージは普通の紙のパックと違い、ポリエチレンの間に紙とアルミを挟んだ5層構造になっていて、この構造のおかげで光や酸素を遮断させて牛乳の劣化を防いでいます。

注意すべき点は、開封したロングライフミルクは開封後、冷蔵庫で保存しなくてはいけないんだそうです。
パックを開けたら普通の牛乳と同じ扱いで、早めに飲むようなんですよ。
当たり前のことかもしれませんが、私はロングライフミルクを購入したことがないのでなるほどと思いました。

スポンサードリンク

こんな状態の牛乳は飲んじゃダメ!
賞味期限内の牛乳でも、プツプツしたものが表面にあったり、酸っぱい・苦い・変なにおいがする牛乳は危険です。
お腹を壊してしまう可能性が高いですから、処分したほうが安心です。
飲めるか飲めないかギリギリのラインっぽいときには鍋に入れて沸騰させてください。
沸騰した牛乳が分離したり、固まってきたりしたらアウトです。
腐っている証拠なので、処分しましょう。

飲むヨーグルトの賞味期限が過ぎていても飲める?

飲むヨーグルト、おいしいですよね。
我が家の冷蔵庫にも入っています。
娘が飲むヨーグルト好きです。

飲むヨーグルトやカップヨーグルトはほぼ同じ扱いで、ヨーグルトに甘みをつけて固めたものがカップヨーグルト、ヨーグルトを撹拌して柔らかくしたものが飲むヨーグルトです。
飲むヨーグルトは飲みやすいように組織を細かくして液体状にしているだけで、成分は普通のヨーグルトとほぼ同じです。
甘みを付けているので、糖分は高いものもありますが・・

飲むヨーグルトは普通のヨーグルトと比べて開封後に食べられる期間が短いです。

【飲むヨーグルト 市販品の表示】
賞味期限 18日
保存温度 10℃以下
開封後に食べられる期限 一回で食べきり

飲むヨーグルトって飲みきりなんですね!
かなり驚きです。
そんな飲みきり商品を一リットル単位で販売してるんですね。
家族が多ければ一リットルなんてペロッと飲んじゃうと思いますが、一人暮らしで一リットルの飲むヨーグルトを毎日飲みきる人ってそう多くないんじゃないでしょうか?

コスパ重視で数日かけて飲むか、安心重視で飲みきりパックを購入するか。
悩みどころですね。

そもそも飲むヨーグルトは、器とスプーンを用意したり洗ったりする手間を省くものだと思ってたんですがどうなんでしょうか?
べつに飲むヨーグルトじゃなくても普通のヨーグルトでもいいよっていう人には、普通のプレーンヨーグルトの方が賞味期限が長いので普通のヨーグルトを食べたほうがいいかもしれません。

【プレーンヨーグルト 市販品の表示】
賞味期限 15日
保存温度 10℃以下
開封後の食べられる期限 2~3日
開封後の保存温度 10℃以下で冷蔵

こんな状態の飲むヨーグルトは飲んじゃダメ!
・飲むヨーグルトを口に含むとピリピリする。
・異臭がする
・カビが生えている
・黄色や茶色に変色している。

※普通のヨーグルトの場合も同様です。

豆乳を開封したら日持ちはどれくらい?

パックで販売されている豆乳も保存期間が長いですね。
ロングライフミルクと同じパッケージを利用していて、外気から遮断され光から守られているから長期保存をすることができます。
また、大豆をしっかり洗って適切な製造過程を経て圧搾されてできた豆乳が殺菌・脱臭後冷やされて、容器に充填されるんですが、殺菌後は空気に触れないため無菌で包装されているそうです。

そのため、およそ50日の長期保存ができるんですね。

【豆乳 市販品の表示】
賞味期限 50日
保存方法 冷暗所
開封後の賞味期限 4~5日
開封後の保存温度 10℃以下で冷蔵

これはしっかりパックされた豆乳の場合なので、豆腐屋さんで売っている新鮮な手作り豆乳の場合は当てはまりません。
豆腐屋さんで購入した豆乳の場合、購入した当日かせめて翌日には消費したほうがよさそうです。

豆乳の種類には成分無調整の物もありますが、沈殿物ができることもあります。
これは単に大豆の成分なので飲んでも問題ありません。
長期保存できるパックの豆乳も、豆腐屋さんの豆乳も同じです。

ちなみに、開封後に4日経った豆乳を豆乳プリンにしたり加熱したら、賞味期限が伸びるんじゃない?と思った方いませんか?
私はできると思ったんですよ。
加熱殺菌だし~、って軽く考えていまして。
豆乳はあまり購入しなくて、買ったとしても飲みきりしか買ってなかったので試したことはないんですが、私の考えは調べてみるとNGでした!
加熱したり、加工しても豆乳の賞味期限は伸びないそうですよ。

ちゃんと調べてよかったです。
子どもたちが私の豆乳料理を食べてお腹を壊すところでした。

こんな状態の豆乳は飲んじゃダメ!
・異臭がするもの
・ドロドロしているもの
・固形になっているもの
・酸っぱくなっているもの
・苦くなっているもの
・色がおかしくなっているもの

まとめ

賞味期限のことって、分かっているつもりだったり思い込んでいたりで意外と知らないことばかりでした。
記載された賞味期限だけではなく、五感をフルに使って腐っているかそうでないかの判断も必要になりますが、今後も賞味期限について勉強して記事を少しずつアップしようと思います。
ご興味のある方は、またお付き合いいただけましたら幸いです。

お読みいただき、ありがとうございました。

参考図書
賞味期限がわかる本 
徳江千代子【著】
販売会社/発売会社:宝島社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする