アウトドアでも化粧崩れを気にせずデートを楽しむためには

スポンサードリンク

海水浴やプール、花火大会などの
夏ならではのアウトドアデートは
彼との距離が近くなるのでウキウキしちゃいますね。

ですが、夏の暑さによるメイクの崩れを気にして
デートが楽しめなくなってしまうと本末転倒です。

あなたがメイクを気にするあまり
そわそわしたり、浮かない顔をすると
彼もデートが楽しくないのかな?と
不要な心配をしてしまうかもしれません。

化粧崩れを気にせず、デートも思いっきり楽しむためはどうしたらいいのか
調べてみましたので、参考になさってくださいね。

汗でも落ちにくいファンデーションはあるの?

汗をかいても落ちないファンデーションなんてないよね、と
思っていましたが実はあるんですよね。

舞台やステージでも崩れない舞台メイク専用のファンデーションです。

チャコットや三善(みつよし)、ナージャなどのブランドが有名ですね。

舞台での発表を控えている人だけでなく、
シミやクマ、傷跡などに悩んでいる方も愛用しているんですよ。

業務用ということもあり、パッケージはガーリーな雰囲気はありませんが
シンプルなケースをラインストーンやスワロフスキーなどで
かわいくデコってオリジナルケースにしても素敵ですね。

舞台メイク専用ですのでネットで注文することになると思いますが
4色のファンデーションをアソートタイプにして販売していたり
特殊メイクをする場合に備えてカラーも豊富にそろっているので
興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

舞台用だと肌に負担がかかるんじゃないの?と思われるかもしれません。
ですが意外にも、舞台用だからこそ肌への負担が少ないんです。
舞台だと長時間メイクが落とせない環境だとわかっているから
肌への配慮がしっかりされているんですね。
だからこそ普段使いをしている方が多いのにもうなずけます。

舞台用の化粧品を普段使いする場合、大切なポイントは薄く伸ばして使うことです。
ファンデーションを伸ばして薄く塗ることで
カバー力もあるのに、汗でも崩れない自然できれいな仕上がりになります。

ファンデーションを使用するときには水にぬらしたスポンジや海綿を使うなど
こまかなポイントがあるのでホームページなどでチェックしてみてくださいね。

マスカラのにじみやパンダ目を防止するには

まつ毛にしっかりのせたはずのマスカラが落ちる原因は目のまわりの皮脂や汗です。

まつ毛は瞳のすぐ近くに生えている毛なので
涙や目薬のせいでマスカラが落ちてしまい
パンダ目になってしまう人もいるんですね。

ドライアイや疲れ目で目薬を頻繁に使用する人は
普段からウォータープルーフマスカラを使っている事も多いです。

ウォータープルーフを使っているからマスカラのトラブルは
私には関係ないと思っているかもしれませんが
意外にもウォータープルーフマスカラを使っていても化粧崩れはあります。

その理由は汗です。

汗って水分でしょ?と思われるかもしれません。

汗には2種類あり、エクリン腺から出る汗とアポクリン腺から出る汗があります。
エクリン腺から出る汗は99%の水分だけでなく
塩分や尿素・アンモニアなどが混ざっていて、さらっとした汗なのが特徴です。
アポクリン腺から出る汗は脂質やタンパク質、糖質やアンモニアなどを含んだ少し粘り気のある汗が出ます。

顔のまわりにはエクリン腺とアポクリン腺の両方があり、
皮脂を出すアポクリン腺の分布している場所は
まぶたにあるまつ毛腺、鼻にある鼻翼汗腺、耳にある外耳道耳道腺の三つです。

いくらウォータープルーフマスカラで水分をはじいても
まぶたから出る脂でマスカラが崩れてしまうんです。

また、好きな人と一緒にいるときにドキドキしすぎると
アポクリン腺から汗が出やすくなりますので皮脂も分泌されやすくなってしまいます。

アウトドアデートのときにはマスカラはウォータープルーフであっても
パンダ目を避けるためには使わないほうがいいのかもしれませんね。

だけど、せっかくのデートだから
目元をパッチリさせて目力をあげたいの!という方には
まつ毛にエクステをするのがオススメですが
まつ毛のエクステを施術するためには美容師の国家資格が必要です。

まつげエクステの資格を民間のスクールで取ったとしても、
美容師の資格がなければしっかりとした知識を身につけたプロとは言えません。

スポンサードリンク

行きつけの美容室などで信頼できる人を紹介してもらったり、
すでにまつげのエクステをしている友人などに相談して
確かな情報を確認してからまつ毛エクステをするようにしてくださいね。

まつ毛用の美容液でまつ毛のケアをすることも大切ですよ。
目元とまつ毛のWケア美容液誕生【目元とまつ毛のご褒美】

汗で落ちたら困る!デート中、落ちない眉にするには?

夏の暑さで大量の汗をかいてしまうと、
気付かないうちに落ちてしまう眉毛。

せっかくきれいなラインが引けて今日はいい日だな~♪と思っていたのに
化粧直しで鏡をのぞくと、眉尻が変な位置で途切れていたり
最悪の場合、眉毛がかなり薄くてマロのようになっていることも・・・

せっかくアイブロウで眉毛を描いても
いつの間にか落ちてしまう原因は皮脂や汗、それと前髪なんです。

眉は意外と皮脂が浮きやすい場所なので、
その皮脂をそのままにしておくとアイブロウと混ざり
ひどい化粧崩れの原因になる事もあるんです。

もちろん汗をかいてもアイブロウが流れてしまいますし、
前髪を手でかきあげると手でアイブロウを擦ってしまうこともあります。
そうなると、眉毛が落ちてしまって
鏡を見て気付いた時に、凹んでしまう・・・ということになってしまいます。

では、落ちない眉毛にするにはどうしたらいいんでしょうか?
まずは眉毛の描き方から紹介しますね。

  • 眉毛を描く前に眉のまわりをサラサラにしておく。

これはどういうことかというと、
眉毛を描く前のファンデーションの状態が
描いた眉毛を長持ちさせるかどうかを左右するからです。

素肌に直接眉を描きたい場合や、
リキッドファンデーションを使用している場合
パウダーファンデーションやパウダーを薄くのせて
眉のまわりの皮脂やファンデーションの油を抑えて
サラサラな状態で描くようにするといいですよ。

リキッドファンデーションを使っているときには
余分な油でツルツルしてしまい、眉が描けないこともあります。
眉の部分にはリキッドファンデーションは塗りすぎないように気を付けましょう。

  • 皮脂のケアはこまめに

お手洗いや化粧直しの時には顔全体の皮脂を
ティッシュで押さえている人は多いと思いますが
意外と眉の上をティッシュオフしている人は私のまわりでは少ないんですよね。

話を聞いてみるとティッシュオフをするときに
間違えてアイブロウも落としたら嫌だからということだったんですが
眉は皮脂の分泌が多いので、
ドロドロに崩れる前にティッシュオフしておくことが大切です。

鏡を見ながらティッシュオフしていれば、
万が一眉を擦ってしまってアイブロウを落としてしまっても、
すぐに修正することができます。

怖いのは、知らずに眉毛のまわりがドロドロになっていたり
半分眉毛が消えていたりすることです。

周りの人が眉が落ちていることに気づいても、
デリケートな問題なので親切に教えてくれる勇気のある人も少ないです。

初めてのデートの時なら、なおさらです。
気になる彼が「眉毛、落ちてるよ」教えてくれるとは思えません。
教えてもらっても、どうリアクションしていいのか焦ってしまいますよね。


今は一度描いたら、一週間眉が落ちないという
セルフタンニングアイブロウもありますので
なかなか化粧直しができそうにない場所に遊びに行くときには
事前に試してみてもいいかもしれません。

海やプールで水が顔にかかっても安心ですし、急にお泊りになった時にも助かりますね。

まとめ

デートのときには化粧が崩れたらどうしよう?などと
余計な不安を抱えていると思いっきり楽しめませんよね。

実際のデートの前にデート用のメイクで一日過ごすと
どういう状態になるのか一度シミュレーションをしておくと
万が一化粧崩れが起きた場合の対策を練ることもできますよ。

お読みいただき、ありがとうございました。