ケンカした旦那への謝り方 どんな方法で謝ればいい?

スポンサードリンク

fuufugenka-1

夫婦をしているとどうしても喧嘩の1つや2つしてしまいますよね。私もよく些細なことで夫と喧嘩してしまいます。その度に謝らなきゃ!と感じてても、つい意地を張ってしまってなかなか謝れない、という事もありますよね。

謝りたいけど謝れない、そんな時の謝るキッカケの作り方や謝り方について書いていきたいと思います。

夫婦喧嘩したけど仲直りしたい!旦那に謝るきっかけはどう作る?

ケンカのきっかけが些細な理由の夫婦喧嘩ならなるべくなら早く謝って終わらせたいですよね。ですが、夫さんサイドから謝る気配がないとこっちから謝らないと終わりません。

でもなかなか謝るタイミングがつかめないこともあります。きっかけがないなら、自分で謝るきっかけを作ればいいですよね。では謝るきっかけをどう作ればいいのか伝授します。

夫婦喧嘩の仲直りのきっかけを作る方法

仲直りのきっかけ 喧嘩した翌日の夕食に旦那の好きな物を作る。
仕事から帰ってきた旦那のために好物のものを作ってあげましょう。食べている最中に「昨日はゴメンね」と言えばOK。旦那が好きなおかずを美味しく食べている最中なので快く許してくれますよ。

仲直りのきっかけ 寝る前に謝る
就寝前に旦那に「昨日はゴメンね」と謝りましょう。そうすれば旦那も少し冷静な頭で受け入れてくれます。寝る前は旦那もリラックスしている状態が多いので喧嘩のことも冷静にとらえてもらえますよ。

仲直りのきっかけ スキンシップを取りながら謝る
喧嘩をしている最中はどうしても相手に対してイラッとした感情をもってしまいます。相手に対してイライラしてしまうとなかなか冷静に考えることができません。ですので、喧嘩をして謝りたいな。と思ったら旦那さんの肩や手などに触れて様子を見てみましょう。

旦那さんが喧嘩のことでイライラしていても、手や肩に少し触れるだけで旦那さんも「あれ?」と感情のスイッチが切り替わるかもしれません。イライラが少しでも収まれば旦那も「俺のことが嫌いで喧嘩になったわけじゃないんだな」と思ってお互いに素直になることでしょう。

3つ謝るきっかけと方法をあげてみましたが、私はスキンシップを取る方法で旦那と仲直りします。旦那は旦那が悪いことをしたとしても意地っ張りなのでなかなか謝りません。正直自分から謝るのは腑に落ちませんが、長く喧嘩が続いているのも一緒の空間にいたら疲れてきます。ですので「旦那が悪いのに先に謝ってる私偉いな~」と上から目線で心の中で思い謝ると良いでしょう。

スポンサードリンク

夫婦喧嘩はメールで謝る!気持ちの伝わる謝り方は?

旦那に直接口で謝るのは恥ずかしいし、腑に落ちない。そういう時はメールやラインを使うと良いでしょう。旦那の顔が見えない状態なので謝りやすさは上がります。

ですが、メールやラインで「ゴメン」と単語を送るだけでは「本当に謝る気あるのかな?」と思われてしまいます。それならどんな文章にしたらいいかということですが、メールやラインでの謝り方のポイントを伝授します。

メールやラインで仲直りするときにはスタンプを利用する

メールの場合は顔文字、ラインにはスタンプは泣き顔のスタンプがあります。携帯のキャリアによってはメールにもスタンプを使える場合もありますし、写真や画像を挿入することもできます。その画像やスタンプを利用しつつ文を入れて謝ってみましょう。画像やスタンプだと、相手に【ふざけていない?】と思われてしまうかもと躊躇するかもしれませんが、画像やスタンプは気持ちを伝えるのに有効です。

感情は文章では表現しずらいものですが、泣くほど喧嘩したことを後悔している。という気持ちを表現できるんですよ。注意点はふざけた感じの画像を使用しないということですね。あなたの気持ちを表現している写真・スタンプを選びましょう。

メールやラインで仲直りするときにはありのままの気持ちを文にする

メールやラインを使って謝りたいけどスタンプや画像を使って謝りたくない場合、謝る時はあなたの気持ちを長文で表現しましょう。

喧嘩したときのあなたの気持ち。相手の発言でどう感じたのか。今自分がどう感じているのか。今後どうしていきたいのか、本当に仲直りしたいと思っている。と言う気持ちを文で表しましょう。適度に改行やスペースをして旦那さんが読みやすいよう文章を作成してください。注意すべきは旦那さんを責めないこと。喧嘩をやめるためのメッセージですから、前向きな文章にしていきましょう。

メッセージを送った後はすぐに旦那の反応がほしいですが、返信を催促するのはやめましょう。旦那さんも気持ちを落ち着けたり、自分の考えをまとめたりしているはずです。今後さらに良い関係を築くためにも、旦那さんのことをそっとしておくことも大切です。

まとめ

今回は旦那と喧嘩した時、どうしたら謝るキッカケや方法ができるのかについて書いていきました。キッカケと方法としては夕飯に旦那の好きな物を作る、寝る前に謝る、スキンシップを取りながら謝ることです。

また、口で謝りにくい時はラインやメールをおススメしました。その時に本当に謝っている感を出すために、かわいいスタンプを利用しながら謝る、ありのままの気持ちを文にする。という方法をあげました。

できるなら喧嘩は早めに終わらせたいもの。勇気を出して謝りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする