きゅうりをおいしく保存するには漬物がオススメ!醤油漬けやピクルスが簡単

スポンサードリンク

きゅうりの醤油漬けを作るには

きゅうり、美味しいですよね。収穫を楽しみに、家庭菜園で栽培している方も多いのではないでしょうか。ですが、きゅうりは賞味期限が短く、買ってきた当日か翌日には食べてしまわなければならないために、敬遠する方も少なくありません。
新鮮なきゅうりをたくさんゲットした時は、醤油漬け・ピクルスの漬物に挑戦してみませんか?

スポンサードリンク

日本人ならやっぱりきゅうりは醤油漬け!手軽に作って美味しく保存する方法とは?

いくらでも食べられると大人気のきゅうりの醤油漬け。実は、簡単です。

きゅうりの醤油漬けの作り方

【材料】
きゅうり8本~10本、醤油100cc、酢100cc、生姜1かけ、砂糖大さじ4杯、ごま油大さじ1杯、赤唐辛子1本。

【作り方】
最初に漬け汁をつくります。ボウルに醤油・酢・砂糖を入れて、砂糖が溶けたら、保存用の袋、または、タッパーなどの容器に入れておきます。

次に材料のカット。生姜を千切り、赤唐辛子を小口切りにします。洗ったきゅうりは両端を切って、好みの大きさにスライスしましょう。

保存用の袋、容器に入れておいた漬け汁にきゅうりを入れ、生姜・ごま油・赤唐辛子を加えた後、軽く混ぜ合わせ、蓋をして冷蔵庫で2時間ほど保存して、できあがりです。

ピリ辛きゅうりの醤油漬け

【材料】
きゅうり8~10本、醤油・酢・水各1/3カップ程度、砂糖大さじ1杯程度、ごま油大さじ2杯、ラー油小さじ1杯。

【作り方】
最初に漬け汁を作ります。醤油・酢・水に砂糖、ごま油、ラー油を入れて、混ぜ合わせおきましょう。

洗ったきゅうりを好みの形、大きさに切った後はジップロックに入れ、その上に漬け汁を注ぎ入れます。空気を抜いて、チャックをきっちりと閉めたら、冷蔵庫で保存します。

どちらも、美味しく食べられる期間は、1週間から10日。暑い季節は早めにお召し上がりください。

簡単なきゅうりのピクルスの作り方

きゅうりはピクルスも旨い!美味しいピクルスの作り方と保存方法

ポリポリ食べたいピクルスは、パンにはさんだり、サラダに入れたり、エビフライのソースに使ったりと大活躍。家庭で美味しいピクルスをつくってみましょう。

手軽につくれるピクルス

【材料】
きゅうり2本、水50CC、酢大さじ2杯、砂糖小さじ2杯、赤唐辛子1本、黒粒こしょう少量、塩少量。

【作り方】
きゅうりの皮をピューラーでむきますが、むき方は自由です。皮が苦手な方はすべてむいてしまっても、また、皮を残したい方はそのまま使ってもOKです。

洗ったきゅうりをまな板に並べて乗せたら、塩を少量振りかけて、ごろごろと転がします。10分ほど置いた後、両端を切り落として1cm幅の輪切りにします。

きゅうりに塩をなじませている間に、漬け汁の準備です。お鍋に、水・酢・砂糖・塩・赤唐辛子・黒粒こしょうを入れたら沸騰させて、火を止めます。そのお鍋に、輪切りにしたきゅうりを漬けこみ、粗熱がとれたら、保存容器に移し替えて、冷蔵庫で2~3日ほど保存すれば、できあがりです。

めんつゆでつくれるきゅうりのピクルス

【材料】
きゅうり3~5本、めんつゆ・酢・水各50CC、にんにく1かけ、赤唐辛子1本。

【作り方】
洗ったきゅうりをまな板の上に置いたら少量の塩を振って、ごろごろと転がします。お鍋にめんつゆ・酢・水、にんにく、赤唐辛子を入れて沸騰させたら、火を止めて、食べやすい大きさに切ったきゅうりを入れます。保存容器に移し替えて、冷蔵庫で保存します。

美味しく食べられる期間は、1週間から10日ほど。にんにくが苦手な方は入れなくてもOK。
きゅうりのピクルスは、ミニきゅうりを使っても、また、赤ピーマンや黄ピーマン、セロリ、カリフラワー、人参、玉ねぎ等と一緒に漬けこんでもOK。野菜のうま味たっぷりの彩り豊かなピクルスが食べられますよ。

まとめ

つくりたてのピクルスは酢の酸味が強く、ツンとした香りがありますが、2日3日と時間が過ぎていくにつれ、段々と酢と砂糖、野菜が馴染み、美味しく食べられるようになります。それまで、我慢してくださいね。

レシピにある漬け汁の分量ですが、酸味が強いのが好きだったり、醤油の風味が好きだったりと好みがあると思います。漬け汁お好みに応じて調整してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする