食べるだけで簡単にダイエットができる 塩麹きのこでおなかもすっきり

スポンサードリンク

数年前に塩麹きのこを食べて痩せるというダイエットが流行っていました。
塩麹きのこダイエットでは1週間で体重が1.5キロも痩せた人がいるそうです。
また頑固な便秘が解消した人もいるそうで、それを知った妻が自分もやると言いだし、2017年の1月1日から作って食べ始めました。
本当に塩麹ダイエットで痩せるなら食べるだけだし、楽そうです。
でも、なぜ塩麹きのこを食べると痩せるのか疑問に思ったので調べてみました。

  

塩麹の健康効果ってどんなもの?

塩麹の名前にある麹(糀とも書きます)とは、米や麦などの穀類や豆類に麹菌を繁殖させたものです。
これに塩と水を加えて発酵させたものが塩麹です。
麹には、プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)やアミラーゼ(デンプン糖化酵素)、リパーゼ(脂肪分解酵素)という強力な三大消化酵素が含まれています。
これらの酵素は、体内の栄養素の分解・運搬・合成・排出を行う上で重要な働きがあるのです。

塩麹の場合、塩分が含まれていることから雑菌の繁殖を抑え、食材の保存性を高める効果もあります。
塩麹を料理に使用すると、麹菌の酵素がそれぞれの食材に染み込んで食材そのものの旨味を引き出します。
アミラーゼがでんぷん質を糖分に分解して甘くなり、プロテアーゼはたんぱく質はアミノ酸に分解して旨みを高め、さらに肉質を柔らかくし、保存性も高めてくれるんですね。
つまり、塩麹を使うことで簡単に料理を美味しくすることができます。

塩麹は料理を美味しくするだけでなく、酵素に含まれる成分でデトックスをする作用があるんですね。

きのこの食物繊維で便秘を解消するだけじゃない

きのこといえば、しいたけ・しめじ・えのき・まいたけ・エリンギなど、1年を通してスーパーで買うことができます。
値段も安いし季節に左右されることはありません。
きのこといえば食物繊維のイメージがありますが、きのこの食物繊維は水や脂肪に溶けにくく、腸内のぜんどう運動高めて便通を促すそうです。
その結果、便秘が解消され腸内環境が良くなり、良い働きをする善玉菌がが腸内で増えてきます。
便秘が解消すると免疫力が高くなったり、肌がきれいにやっぱりとなったりと嬉しい効果がでてきます。

きのこにはきのこ特有のキノコキトサンという成分が含まれていて、ベータグルカンとキトサンフコースアラビノースなど糖類の複合体です。
各成分が相乗的に働き健康に役立つ効果があるそうです。
その成分の効果は、中でも脂肪の吸収を抑制することにすぐれていて、メタボの予防と改善に役立つそうです。

便秘を解消し、免疫力が高くなり、肌もきれいになって、メタボ予防。
きのこの食物繊維の効果ってすごいですね。

塩麹きのこの作り方はとっても簡単

発酵食の塩麹ときのこはもともと、食物繊維・抗酸化成分・ビタミン・ミネラルなど血圧や血糖値を下げ、悪玉のLDLコレステロールを減らす成分が豊富です。
それらの相乗効果が生まれる塩麹きのこを食べ続けると、生活習慣病やメタボ 動脈硬化などの予防や改善に役立つそうです。

スポンサードリンク

塩麹きのこは一度にたくさん食べるよりも、毎日少しずつでいいので食べ続けることで良い効果が出るようです。
きのこは食物繊維が多く便秘の解消に役立ちますが、一度に食べ過ぎてしまうとおなかがゆるくなることもあるので気をつけなくてはいけません。
塩麹きのこの場合、大さじ1~2を山盛りで毎食食べるのがルールだそうです。

塩麹きのこの作り方
【分量】
好きな種類のきのこを数種類合わせて1キロ
塩麹500グラム
お酒大さじ2

【作り方】
①きのこの石づきを取り、食べやすい大きさに切ります。
②フライパンに①を入れます。
③②にお酒大さじ2をきのこ全体にいきわたるように入れます。
④フライパンにふたをして、火にかけ蒸し焼きにします。
⑤きのこに火が通ったら、火を止め完全に冷まします。
⑥大きめのタッパーに塩麹と冷めたきのこを汁ごといれて、全体をまんべんなく混ぜ合わせたらできあがりです。

我が家のフライパンは28センチなんですが、一度に1キロのきのこを蒸すなんてできませんでした。
蒸す前のきのこを400グラムフライパンに入れてふたをすると、ちょうどです。
きのこと塩麹の割合は2:1ということなので、塩麹は200グラム、酒は大さじ1で作ってます。

この分量だと、朝晩1日2回大さじ1の塩麹きのこを食べておよそ1週間分です。
これだと週に一回作ればいいので楽ですよ。

塩麹についてこの本を参考にしました。

塩麹でやせる! 健康になる!【電子書籍】

本のルール通り塩麹きのこを1週間食べ続けた方で、ひとりは朝2回通じがあったり、一週間で1.5キロ痩せたそうです。
ひとりは頑固な便秘だったのに塩麹きのこを食べ始めてから5日目にお通じがあり、その後は毎日便通があり便秘がすっかり解消した人もいるそうです。

まとめ

いかがでしたか?
塩麹ときのこには体にいい成分がたくさんあるんですね。
その成分をまとめて手軽に食べられる塩麹きのこは便利だと思います。
腸内環境を良くしたい人は試してみてもいいかもしれませんね。

お読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする