雨の日に子供と室内遊び 幼稚園児となにして盛り上がる?

スポンサードリンク

大雨や台風、寒くて外に出たくない日などでお子さんと外遊びできない日には家の中で何をしようか悩んでしまうお母さんも多いのではないでしょうか?
テレビやDVDで楽しむこともできますが、それは最終手段に取っておきたいという方もいらっしゃると思います。
天候不良で外に出れない日にだけ、この遊びをするとルールを決めておくと雨降りが楽しみになるかもしれません。
雨の日だからこその楽しみをお子さんと見つけてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
  

雨の日は子どもと一緒に料理をしよう

雨の日にお子さんとずっと家にいると、お子さんがしょっちゅう声をかけてきて食事の用意がすすまなくなってイライラすることはありませんか?
お母さんは食事やおやつの用意がしたいけど、お子さんはお母さんと遊びたい。
そんな時にはお子さんがお母さんにちょっかいを出したりして、どうしてもお母さんの家事の手は止められてしまいますよね。
それならいっそのこと、お子さんと一緒にお料理やおやつ作りをしてみてはどうでしょうか?

室内遊びを探しているのに料理?と思われる方もいるかもしれません。
ですがお子さんが楽しいと思えば、すべて遊びの延長だと思います。
それにお母さんのそばでお手伝いができれば、親子の新たなコミュニケーションが生まれ会話の幅も広がると思います。
お子さんに一緒にお料理してみない?などと声をかけて、良い反応が帰ってきたら簡単なことから手伝ってもらってみてはいかがでしょうか?

お子さんと一緒に料理を作る場合、野菜を手でちぎったり、具材を挟んだり、材料を混ぜたりする工程を手伝ってもらうといいですよ。
おすすめのメニューは、おにぎり・サンドイッチ・ハンバーガー・お好み焼き・サラダ、おやつだとホットケーキやクッキーなどです。

おにぎり
お子さんの小さな手でもビニール袋で作ると簡単におにぎりが作れます。
①お皿にかつお節とゴマにちょっと醤油を垂らし混ぜておきます。
かつお節でなくても、ふりかけやおにぎりの素をつかってもおいしく作れます。
具材はお好きなものをどうぞ。
②大きめの茶わんにご飯と①を入れ、まんべんなく混ぜ合わせます。
③ビニール袋に②を入れ、空気を抜いてご飯のところでビニール袋をねじりご飯の位置を固定します。
ねじりすぎると残った空気でパンパンになるので、軽くねじったほうが握りやすいです。
④ご飯をビニール袋の上からにぎっておにぎりの出来上がりです。

サンドイッチ・ハンバーガー
食パンにバターを塗ってもらったり、中に挟む具材をのせてもらうといいですね。
ツナサンドならツナとマヨネーズを混ぜて、具材を作るところから手伝ってもいいでしょう。
ハンバーガーなら、お母さんが事前にハンバーグを焼いて少し冷ましておいてから、具材を挟んでもらいましょう。
バターは冷蔵庫から取り出したばかりだと塗りにくいので、電子レンジで少し温めて塗りやすく用意してあげるといいですね。
ロールパンに切り込みを入れて、小さなソーセージとキャベツやレタスを挟みホットドック風にして、上からケチャップをかけるのも楽しんでくれます。

サラダ
レタスやプチトマトを洗って水けを切り、ちぎってお皿に盛るだけで立派な一品の出来上がりです。
コーンやツナを彩りよく飾り付けてもらってもいいでしょう。
ドレッシングを手作りするなら、ジャムの瓶などふたのできるものに材料を入れ、食べる直前にお子さんに振ってもらってからサラダにかけてもいいですね。

お好み焼きやおやつのホットケーキなら、具材を混ぜることも立派なお手伝いです。
我が家の子供たちは、お好み焼きを作るときに材料を混ぜ合わせるのが大好きで、お好み焼きを焼くときには自分から『エプロンを着て混ぜさせて!』と声をかけてきます。
もちろんおやつにホットケーキを焼くときにも楽しんで混ぜてくれますが、色々な材料が混ざるお好み焼きのほうが楽しいようです。

クッキーならミックス粉を混ぜるのも楽しいですが、好きな形に型で抜くのが楽しいようです。
ハートや星以外にも手でクッキー生地を自分で成形して、ナッツやチョコでトッピングをして動物の顔や形を作ったりと、子供たちは自分で考えて色々試しています。

お手伝いをするときには、ケガややけどの危険を前もって教えておきます。
そうすると子どもがお手伝いに夢中になって、危ないことをしようとしてもちょっと説明するだけですぐに理解してくれますよ。

出来上がった料理を美味しく食べたら、洗い物まで手伝ってもらいましょう。
食器を洗うのが難しそうなら、スプーンやお箸、割れないお皿やコップをフキンで拭いてもらったりテーブルを拭いてもらうと、全部自分がやったと自信にもなると思います。

お手伝いが終わったら、たくさんほめてあげると料理を手伝うのが大好きになるかもしれないですよ。

雨の日のおすすめの室内遊びはすごろく

天気予報で天候が悪い日が続くことがわかったら、すごろくを用意してみてはいかがでしょうか?
家族でテーブルを囲みワイワイ言いながらコミュニケーションをとるのは、外遊びにはない楽しみです。
すごろくの用紙とサイコロ、小さな人形などがあれば、雨降りに室内で遊ぶのにぴったりです。
意外と子供ってすごろくが好きなんですよ。

すごろくの本専門の本も販売されています。

たのしいすごろくランド [ たかいよしかず ]

感想(89件)


この本だと、サイコロやコマも付属でついていますが、付録のサイコロやコマはすぐにダメになりやすいので、別で用意した方がいいです。
息子は小さなミニカー、娘はアクセサリーのチャームや壊れたキーホルダーについていた小さな人形などを駒にしています。
我が家では、コマやサイコロがなくならないようにチャックのついている保存袋に入れています。

すごろく本に飽きたらお子さんにストーリーを考えてもらってオリジナルすごろく作りをしても楽しいですよ。
すごろくに遊び慣れていれば、一回休みをいれるポイントやイベントの作り方などもイメージできますので、上級者向けのすごろくが完成するのではないでしょうか?
小学生のお兄ちゃん、お姉ちゃんがいるならすごろく作りはお子さんに任せ、その間にお母さんは家事を済ませておけば、後でみんなでゆっくり遊べますね。

雨降りは子どもとお風呂場で水遊び

服を着て、お風呂場のタイルにおふろでお絵かきできるクレヨンでおもいっきり壁に落書きしてみてはどうでしょうか?
壁に落書きすると普通は怒られてしまうのに、雨の日ならお風呂場で楽しくお絵かきすることができるなら、お子さんはとっても嬉しいと思います。
射的の要領で絵をマトにして水鉄砲で絵に向かって水をかけてもいいですね。
その絵をお子さんに描いてもらってもいいですし、お母さんが描いてもいいでしょう。

水鉄砲で服が濡れてしまったら壁のクレヨンをきれいに掃除して、服を脱ぎお風呂タイムにしてはどうでしょう?
体を洗ったあと、バスタブでタオルでクラゲを作ったり、お風呂用のアヒルと遊んでもいいですし、もちろん水鉄砲も楽しいです。
プールの準備として、湯船に顔をつける練習をしてみてもいいですね。
入浴剤でお湯を白濁させたり、バブルバスにして湯船の底が見えないようにして濡らしてもいい小さな人形やおはじきを入れて宝探しゲームをしても盛り上がりますよ。

湯船で遊ぶ場合は、お子さんだけで遊ばせてはいけません。
必ず大人と一緒に遊びましょう。

まとめ

雨だからこそできる遊びがあれば、家の中でもお子さんと楽しく過ごせますね。
普段できないことをやらせてみると、お子さんの成長を感じることもできると思います。
家の中で普段させていないことがあれば、遊びの一環としてお子さんにチャレンジさせてみてもいいのではないでしょうか?

小雨の日には、こんなおでかけはいかがでしょうか?
⇒幼稚園児と雨の日に何して遊ぶ?外出するならここがおすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする