年末の大掃除 重曹でバスルームをきれいに タイル 鏡 普段の手入れ

スポンサードリンク

お風呂場の掃除は手間がかかると思われがちですが、ラップや浸け置きをする時間を多めにとることが多いので、効率的に掃除を同時進行することができます。
仕上げにこすりあげて、シャワーで流すことができるので意外と簡単ですよ。

  

重曹を使ってバスルームのタイルをきれいに

お風呂場のタイルにカビが発生したばかりなら、重曹ペーストを利用してこするだけで落とせることがおおいです。
目地が真っ白になり気持ちがいいですよ。

用意するもの
 重曹
 使い古しの歯ブラシ
 おそうじクロス

手順1
重曹に水を加えて作った重曹ペーストに歯ブラシをつけてタイルのカビをこすります。

手順2
タイルのカビをしっかりこすり落としたら、水で洗い流します。

手順3
おそうじクロスでしっかり水気をとります。

重曹を使ってバスルームの鏡をきれいに

バスルームの鏡は、うろこ状に汚れたシャンプーや石鹸のかすのせいで白く曇ったりして、視界がはっきりしなくなったりしますね。
お酢と重曹を使って、すっきりさせましょう。

用意するもの
 お酢
 重曹
 ラップ
 おそうじクロス2枚
 ぞうきん(使い古しの布など)

手順1
鏡についてるシャンプーや石鹸の泡などシャワーで洗い流します。

手順2
鏡にお酢と水を1対1の割合で混ぜたビネガー水をスプレーして、その上からラップを貼りつけて湿布します。

手順3
雑巾などでビネガー水を拭き取ってから、湿らせたおそうじクロスで鏡を拭き掃除します。
汚れがこびりついている場所には、重曹少しつけてこすります。

手順4
最後に鏡全体をシャワーで流し、乾いたおそうじクロスで乾拭きして仕上げます。

バスルームの掃除は普段の手入れが大切

バスルームの掃除は普段何もしないでほっておくと、頑固な汚れになってしまいますが、毎日の入浴の後お風呂場がまだ温かいうちにさっとお手入れすることで、きれいな状態が続きます。
入浴後のお手入れを習慣化し、毎日気持ちのいいバスタイムをお過ごしください。

スポンサードリンク

1水垢の原因 
毎日たくさんのお湯・お水を扱うバスルームは水あかが発生しますね。
水あかは、水分に含まれる鉄分やカルシウムなどのミネラルや、空気中の二酸化炭素が結びついて結晶化したものです。
バスルームに水あかが発生するのは当然ということですね。
バスルームに水分が残ることが、水あかの発生させる要因ですから、入浴後なるべく水分を残さないことが大切です。
 
2黒ずみには重曹でケア
壁や床のタイルなどにぽつぽつと現れるのは黒いカビです。
軽いものなら重曹ペーストをつけて磨きするだけで落ちます。
カビを放置して、頑固なカビになってしまう前に重曹ペーストを使って早めのケアを定期的に行いましょう。

3バスタイムが終わったら、冷水シャワーをして水分を拭き取る
気持ちのいいバスタイムを楽しんだら、次はバスルームの全体に冷水シャワーをかけてバスルーム内の温度を下げましょう。
高温多湿を好むカビの対策に効果的です。
そのあと、水あかの原因になる水分をしっかり拭きましょう。
体を拭いたタオルで、バスルームの水分を拭いてしまうのもいいですが、使わなくなった古いバスタオルなどをバスルームの水分を拭きとるための専用雑巾にしてもいいですね。
 

まとめ

バスルームの掃除は最後に水分を拭き取り、カビの発生を抑えることが大切です。
たとえば、浴槽と鏡とシャワーヘッドを掃除すると決めたら、3か所の掃除が終わってから、もう一度全体にシャワーをかけて、まとめて乾いたおそうじクロスで、水分を吹きとるという方法が効率的かもしれないですね。
大掃除の進行状況に合わせて、適宜仕上げの拭き取りのタイミングを見計らってください。

お読みいただき、ありがとうございました。

重曹を使ったおそうじについて、詳しく書いた記事はこちらです。
⇒大掃除は重曹を使うと赤ちゃんやペットにも安心・安全です
年末の大掃除 重曹で台所をきれいに 冷蔵庫編
⇒年末の大掃除 重曹で台所をきれいに シンク編
⇒年末の大掃除 重曹で台所をきれいに キッチン用品編
⇒年末の大掃除 重曹でバスルームをきれいに バスタブその他

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする